商標登録とはなんだろう?


あんまり耳にしない「商標」やという言葉。
まず、この「商標」について説明していきます。
商標とは、商品やサービスにつけるマークのことです。
マークといっても様々で、普通の文字の他にもロゴや図形や立体なども商標として取り扱うことができます。
企業であれば意識することになるマークばかりです。
例えばこんな感じです↓

標準文字 ロゴマーク 図形商標 文字商標
標準文字商標 ロゴマーク 図形商標
文字商標
↑センスなくてすみません…。


会社名や、商品名または芸能人、スポーツ選手、文化人、芸術家の方々はその活動自体がサービスと見なされ、自分の名前も商標として登録することができます(凄いですねぇ^^;)





なぜ商標登録をするの?

今回同じことを友人に聞きました。
すると
「自分が苦労して生み出したものを守りたいから」
と言っていました。

…意味がわかるようなわからないような…。

ちょっと詳しく調べてみると、商標登録をすることで登録したデザインや文字やロゴを守れるそうです。
自分の商標を独占することは企業を運営するためにはとても大事なことなんですって。
例をあげると…一見シンプルな某有名ファーストフード店のロゴ。
同じ頭文字がつく企業はたくさんあっても同じロゴはありませんね。
それは商標登録で保護されているため、誰も真似できないのです。

商標登録をせずにいると、たとえ良いサービスで顧客から信用も十分に得られている企業だったとしても、
他社に似たような商標を使われたら負けます。
看板をはじめありとあらゆるものを変えなければなりません。
大きな損失が生まれますね。お客様の信用もガタ落ちになるだろうし…。

そして「信用」や「認知度」ではなく、登録を最初にしたものがその商標を独占することができるのです。
万が一、先に自分が使っていた商標を後から真似されたと想像してみると…。

かなり悔しいかも。

備えあれば憂いなしっていいますからね。商標登録は早い者勝ちです。

↑戻る





商標登録をすれば安心?

そうかもしれません。
商号の登記は住所単位でみますので、
極端な話し「隣の建物に同じ社名の企業ができてしまう」可能性もあります。
けれど商標権の効力は日本全国なので
登録しておけば遠い地域にある企業でも
すでに登録されている商標は使用できません。

ちなみに私の友人はTシャツのデザインを商標として登録しました(現在進行形ですが)
どうして商標登録しようと思ったのか尋ねてみました。
地元に有名なTシャツがあるのですが、それは商標登録してなかった為に
似たようなデザインがすごく多く作られているんですね。
いくら「本家」と書いていても
似たようなデザインがたくさんあればお客様の目はいろんなところに向いてしまいます。
なので、100売れるものが50しか売れない可能性もありますね。

↑戻る




いつまでにすればいいんですか?

期間は特にありません。
前にも述べたように「早い者勝ち」な部分や
似たようなものは登録できないという決まりがあるため
早いにこしたことはありません。
登録するにあたって似たような商標がないか調べたりする時間を考えると
商標の呼び名など基本的なことが決まった時点で動き出したほうがよいと思われます。
審査は呼び名を主に基準としますので、ロゴにする時間は省いてもOKではないでしょうか。

↑戻る


Valuable information

最終更新日:2016/7/14


次へ→